神戶一郎-星が流れる港町


1961年上原げんと作曲,石本美由起作詩,原唄:神戸一郎。歌詞:
1.さよならの さよならの 言葉の様な 
星が流れる 港 町 又逢う日まで
元気でと あの娘に残す ささやきも
しぶきに濡れて うるむのさ 
2.あふれくる あふれくる 涙の様な 
星が流れる 港 町 あの星だって
恋をして 命の限り もえたなら
別れの夜は 泣けるだろ 
3.追いすがる 追いすがる 未練の様な
星が流れる 港 町 波止場を船は
離れても 心をつなぐ 幸福の
約 束だけは 忘れない

36,221